医療トラブルは相談しないと始まらず事実調査の依頼から動ける

なかなか相談できないと思う前に動いてみるのが大切

もしも遭遇したら

医療トラブルが起こったら

生活をする中で不調を感じた時、ほとんどの方が病院に行かれると思います。 不調を改善するために行った病院で、思わぬ医療トラブルに巻き込まれた場合、どのように対処すればよいのでしょうか。 医療トラブルといっても、無駄な検査を受けて医療費を請求される場合や、医療事故・医療過誤など様々です。 病院との話し合いの中で患者側に不利になるケースもあります。 そうならない為に医療トラブルを専門とする医療弁護士が対応し、病院側と対等に話し合いが行えるよう努めてくれます。 しかし、医療面での専門知識や法律面での専門知識を併せ持つ弁護士となると費用も心配になります。事務所によってはメールや電話での相談は無料で受け付けてくれるところもあるようです。

気軽に相談できるところ

公共の相談窓口として、医療安全支援センターをご存知でしょうか。都道府県や保健所を設置する市や特別区に設置されています。 こちらは、カルテの開示を求めたい時や検査の必要性を知りたい時、医療費の請求内容がわからない時など、些細な医療トラブルに対応しています。 相談を担当するのは、医師や看護師などの医療関係者であり、費用も無料になっています。 相談方法は様々で、実際に会う面接相談の他に、電話やメール、FAX相談も受け付けています。しかし、各医療安全支援センターよって異なるため、確認が必要です。 医療トラブルに会った時に、相談できる場所を知っておくことは、患者にとって自分を守ることになり、重要なことかもしれません。

医療トラブルの相談の今までは

医療トラブルにおける今までの相談例を見てみると、今は問題が解決するまでの時間が短くなっていっていることが分かります。少し前まで、病院側の情報開示を受けることも大変な作業だったのです。それは、メディアなどが影響していると考えられます。ドラマでも取り上げられ、世間の関心が集まったことから、積極的に取り上げられるようになったのです。それゆえ、問題が広がる速度も昔の比ではないのです。しかも、誰もが発信者となり、情報を拡散していくことが出来るのです。いい情報も悪い情報もすぐに広まってしまうため、隠し通すということが難しくなっているのです。そのことによって、患者側からの疑問に答えてくれるようになっているのです。

これからはどのようになってくるのか

医療トラブルの相談において、これからはどうようになってくるのかというと、もっともっと相談の件数が増えてくることが予想されます。それは、医療トラブルの相談を受け付けることを専門にしている弁護士事務所が増えてきているからです。そのため、手法やノウハウが充実してきていて、解決までの道が分かりやすくなってきているのです。それゆえに、敷居が下がり、どんな人でも医療トラブルに対して疑問を持っている人なら、利用できるようになってきているのです。患者の訴えに対し、単にクレームととらえられてしまって、真相を追求しようとする姿勢が見えなくても、泣き寝入りしないといけないということがなくなったのです。そして、法律上どうすべきなのかの、アドバイスをもらうこともできるのです。

弁護士に話をする

医療トラブルだと相談をするなら、弁護士に話をするのが最適です。最近ではチームを組んで行動してくれて、従前よりも心強い味方になってくれる点を見逃すことはできません。可能性があるなら、まずは話を聞いてもらうのがよいです。

知りたい?

小さなことが発端

医療トラブルは相談をするべき状況になるほど大問題になると、誰しも最初は思っていません。小さなことが発端で掛け違えたボタンが、大きな問題になることもあります。動かないことが最も問題で、動くことから解決が始まります。

知りたい?

有効に活用する

医療トラブルは相談できる場所を有効に活用することで、生まれた不信感をなくすことや、後遺症の問題を取り返すことにつながります。個人で戦うには強い相手ですから、専門家の協力が必要です。

知りたい?

話す相手の選択

医療トラブルについて相談をしようと決めたなら、次は話す相手の選択が大切です。専門の弁護士事務所の中でも、費用や保有している資格に目をつけるのが大切です。それが、良い結果を生みます。

知りたい?

かかる金額を知る

医療トラブルの相談を行うとするなら、かかる金額を知ることが何よりも大切です。最初の一回はほとんど無料だといわれていることを知るだけでも、動き出すハードルは下がります。

知りたい?